最新コラム

タイトルをクリック してコラムをお読みください 

     

2020-10-24 『だから 云ったじゃないの』の歌詞から

先輩の港女が、自分の体験から、後輩の港女に忠告したのに、案の定、海の男に騙されて、捨てられてしまった、という物語です。これを先輩の港女を「戦前の日本」、後輩の港女を「戦後の日本」、男を「アメリカという横暴なグローバリスト」と置き替えたら、日本の現状にピッタリではないでしょうか。


2020-10-21 「畏れ」を忘れた現代人

弱者への配慮は、日本という近代国家=文明国家の掟になっている。

「民のかまど」の国家の、伝統・文化に由来する、われわれの価値観である。


2020-10-18 経団連という単細胞集団

あなた方の指摘する「格差や地方経済の低迷、少子化」などは、まさしくあなた方のせいだ。


2020-10-15 ある対談記事か

読者の皆さん、「なぜ?どうして?」という問いを、生涯にわたって、持ち続けましょうね。


2020-10-12 「黄禍論」再考(2)

だが、だからと言って、日本が、中国にすり寄るなどということは論外である。


2020-10-10 「黄禍論」再考(1)

「黄禍論」の主対象が、日本から中国に移っただけ、という解釈もできる、ということである。


2020-10-07 保守復活への願い

日本には、リベラル国家アメリカの影響を受けて、保守主義者は、ほとんどいない。


▲このページのトップに戻る